老人ホームでの調理補助パート体験談

老人ホームでの調理補助パートってどうなの?きつい?

 

私は今、とある老人ホームで調理補助(集団調理)の仕事をしています。パートです。

 

某大手飲食店での接客(ちょっとキッチンで調理補助)をしたことはあったんですけど、大量調理というのは初めてでした。

 

そんな私が、これから老人ホームなど大量調理の現場で調理補助をしようとしている人向けに、その仕事内容や魅力・大変なところをご紹介します。

 

老人ホームでの調理補助の仕事

 

調理補助の場合、洗い場や料理の盛り付け、盛り付けた料理を配膳車に配置する、といった仕事がメインになります。

 

場合によっては調理(野菜のカット)を行うこともありますが、それは労働契約を結ぶ前に業務範囲の調整を行うので、そのときに確認して下さい。

 

魅力・面白いところ

 

老人ホームでの調理補助について、魅力・面白いと感じる点をご紹介します。

 

単純な作業

 

業務の流れは単純で、やることも定型化しています。それが面白くないと感じる人もいるでしょうが、複雑な業務ではないのでやりやすいといえばやりやすいです。

 

調理師の受験資格が取得できる

 

業務内容にもよりますが、調理補助で実務経験を積むことで調理師の受験資格を得ることができます。

 

調理師は調理師学校を卒業すれば無条件で慣れるんですが、それ以外の方法として、実務経験を積むことで試験を受験して取得する道もあるんです。

 

アルバイトやパートであっても、こうして資格取得のチャンスが得られるというのはうれしいポイントですよね。

 

⇒ 調理師免許の実務経験についてはこちら

 

大変だと感じる点

 

老人ホームでの調理補助について、大変だと感じる点をご紹介します。

 

立ち仕事なので疲れやすい

 

ずっと立って仕事をするので、結構疲れます。

 

引っ越し屋などとは違うので体力が凄く必要かといえばそうでもないんですけど、多少の体力は無いとしんどいでしょう。

 

人間関係が悪いと厳しい

 

そこまで多くない人数でやりくりしますし、協力しながらやっていく仕事なので、苦手な人がいたり人間関係が悪いと疲弊具合は大きくなります。

 

人間関係が良好なら、第三者との接触は少ないのでストレスがたまらない良い職場になるんですけどね。この点は注意する必要があるでしょう。

 

集団調理の現場で働きたい人へ

 

もし集団調理の現場で働きたいと思ったら、職場を探すことになります。

 

家の近くとか、なんとなく条件が良さそうという直感でも良いんですが、事前にしっかりと準備をした方がより失敗しません。

 

その現場で調理するのか、それともできあいのものを歳調理するのか、等でも大変さが変わってきますからね。

 

⇒ 調理補助(集団調理)のアルバイト・パート求人情報の探し方について詳しくはこちら

 

集団調理への理解を深める

 

仕事を始めればその勤め先の人がいろいろ教えてくれますが、教え方は千差万別です。

 

そこまで深い知識を教えてくれないところもあるので、自分で動いて理解を深めることも重要になります。

 

幸い、こういった集団調理の場合は基本的な決まり事が共通で存在するので、理解を深めておけばどの現場でも通用するスキルが身につくことになるんです。

 

⇒ 集団調理従事者におすすめの情報入手先はこちら